FC2ブログ

で、ベリーダンスってなんなの?


ベリーダンスは、
「露出の多い衣装を着て、性的アピールをする踊りでしょ」

という誤解がまだまだ根強い踊りです。

実際にワタシも言われたことがあります。
うん、露出が多いのは確かにそうだけれどね。

女性性を意識した踊り、ダンサーさんが多いのも確かですが、
世界中に男性ダンサーさんもたくさんおられますし、元は民族舞踊が混じりあっていたりします。
性的アピールどころか、まじめにやろうと思ったら内的エネルギーと音楽と筋肉のスポ根ですよ。
(そういうシーンを描いた曲や踊りももちろんありますが)

さて、じゃあベリーってなんなのよ、というお話なんですが。

「誤解が広まったままではいけないから、シェアしていいよ!」
と言ってくださいましたので、ここはひとつ、
ワタシの浅い知識より、ちゃんと研究をしております、わたしの先生の記事をご紹介しましょう。

え、手抜き?わーい、tsgmi、手抜き大好きヾ(*´∀`*)ノ

うちの先生は、ダンスのテクニックだけでなく、レッスンで使用する曲の作者についてや
音楽、文化的背景、参考動画の情報などなど惜しみなくシェアしてくださいます。
とても素晴らしい先生に出会えて非常に幸運です。

入ってすぐ、第一線で活躍する方や世界的大スター、
○○の創始者と言われている方のショーやワークショップの機会に恵まれ、

>それに、せっかく本格的にオリエンタルダンスをやるのだから、
>文化やアラブ音楽のことなども理解している本場に近いダンサーさんから教わりたい。
(過去記事からの引用)

という当初の願望に近い場所を見事引き当てたわけですが、

さすがだな!さすがワタシだな!!!!!
(唐突に自画自賛をぶっこんでいくスタイル)


えー、ワタシの思い違いは置いといて、
すばらしい記事のご紹介といきましょう。


●一般的なベリーのイメージに対するお話。
【ベリーダンスってハーレムで王様を誘惑するために踊られていたダンスなんでしょ?】 さあ、本当かな??というおはなし。
https://rakssharqui.blogspot.com/2018/11/blog-post_8.html


●今のベリーダンスのスタイルになったといわれるアメリカンキャバレーについては、こちら。
【American Cabaret 「アメリカンキャバレースタイル」日本語訳⑴】
https://rakssharqui.blogspot.com/2016/12/american-cabaret.html

●男性ダンサーさんもいるよ!
【Devによる、男性ダンサーTarik Sultanのインタビュー:日本語訳】
https://rakssharqui.blogspot.com/2015/04/devtarik-sultaninterview-by-dev-of.html?m=1


他にもご紹介したい記事は山ほどあるんですが、興味ある方はぜひ先生のブログを遡って読んでみてください。

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
Posted by  tsgmi on 09.2018 ベリーダンス   0 comments

心のプレイヤー


先月、「即興ダンスの組み立ての極意」というワークショップに参加してきました。

海外のレコード会社がスポンサーのコンペティション日本大会と、
著名なゲストダンサーやマスターティーチャーを日本に招いたダンスショー&
ワークショップ祭(良い言い方が浮かばない)を、うちのスタジオが主催していたのです。

DSC_2363.jpg


世界の第一線でオリエンタルダンス界を牽引してきた
名だたるダンサーさんたちのショーとワークショップ。
こんな機会を逃す手はありませんね!
毎週末イベントが目白押しすぎて、さすがに全部に参加するのは無理でした。


ワークショップは大概、
ターキッシュ・ロマ・トライバルフュージョンなどなど特定スタイルのテクニックや、
ベールやソードなど道具の効果的な使い方、
著名ダンサーさんによる振り付け、的な内容が多いので、
”即興で踊るためのノウハウ”というのはかなりレアな部類だと思います。


即興で踊れるというのは、基礎がしっかり出来てこそだとワタシは思っています。

曲と、お客さんと、場の状況。場合によっては楽器や演奏者。
いろんな要素を取り込んで咀嚼して、
自分の中から瞬時に最適なものを引っ張り出して、形作る。
流れるように紡ぎ出して踊るのは、
自分の中にたくさんの引き出しがあって初めてできること。
過去何度か、自由なスタイルでダンスを披露させていただく機会を得て、
そう痛感いたしました。

引き出しに何も入ってないと、上手い下手とか以前に、本当になにもできないのですよ。
何かしらを継ぎ合わせれば、そりゃ踊りのような「何か」にはなるけれども。
出来る範囲で精一杯つくりあげてみましたけれども。

もちろん、曲と雰囲気に体を委ねてただ自由に踊るというのも有りです。
思うままに動いて、体の声を聞いて、内面を表現する。
それもすてきな1つの踊りですよね。
楽しいし。何より気負わないでいいし。

けど、それだけでは足りないな、と思うのです。
自由というのが、ただただ好きに動くだけなら、それはベリーである必要がなく。
フュージョンとか、創作ダンスとか、リチュアルダンスとか、
コンテンポラリーとか言ったほうが近いのかな、という気がします。
少なくとも、ワタシが踊れるのは、そんななんちゃってベリー風創作ダンスでした。

今のワタシのレベルでは、即興ダンスのワークショップは、
まだまだ参加したところで実践で即活かすのは難しいです。
ぶっちゃけ半分もついていけない。
実演されても、何をやってるのかわからないというか、
なんなら、どこがわからないのかさえわからない。いやほんと。

それでも、エッセンスだけでも吸い込めたらいいよね、と。
今すぐには活かせなくても、見聞きして吸い込んだ教えは、ワタシの中で養分になります。
いつか実力が追い付いた時に、実になるはずです。
きっと。たぶん。そうであったらいいなって思いたい!

まあそんなワケで。
高校生のクラスに小学生が混じってるみたいな感じで、
めちゃくちゃ動きのたどたどしい残念な子が場違いにも一人混じって踊ってきました。
心で半泣きしながら踊ってましたよ!ついていけなさすぎて悔しかった!

当然全てを理解することはできませんでしたし、
通訳無しの部分はほぼ聞き取れませんし、
半分くらい教わったステップ忘れてしまったんですが。
それでも、大事な部分はしっかり学んで来れたと思います。

DSC_2362.jpg



今回のマスターティーチャーはワタシの先生の師匠の一人でもあって、
開場前に「彼女はワタシの生徒よ!」と紹介してもらっていました。
ですので、ワークショップのあと、超勇気を振り絞って、今日のお礼を伝えにいきました。
片言の挨拶と、伝えたいことをスマホのGoogle翻訳画面にしたためて!!

で、見せようとしたらスマホがフリーズした!
そして落ちた!なにそのタイミング!バカー!
ちょうど隣にいた、うちの先生が助け船を出して通訳してくれました。
ありがとう先生!いい人すぎる!好き!


ちょっとした雑談(先生が通訳してくれた)のあと、
こんな言葉を贈られました。


「あなたは心にダンサーがいるのね」



これ、最高のエールじゃないですか????
ものすごく素敵な言葉じゃないですか???

心に、ダンサーがいる、って。

もしかしたら超初心者が紛れ込んじゃったゆえの優しいリップサービスかもしれないし、
生徒さんたちみんなに言っているのかもしれません。


でも、経験者とか、初心者とか、プロとか、アマとか、上手いとか、下手とか、
そういうことに関係なく、
「あなたも一人のダンサーである」
と示してもらったこの日を、この言葉を、わたしは忘れないと思います。

これからどれだけ上達できるのか、何を目標にしていくのかまだ全然見えません。
けれど、ワタシの中のダンサーを、大事に育てていきたいなと思います。


誰にだって、大事にしたい何かがあって、それを表に出したくて
それが正しいことなのか、自信なんか全然つかなくて。
あるいは、何かを見つけたくて見つからなかったり、
たどりつけそうもなくて、ひるんでしまったり。

自分の中に、たくさんのなりたい何か・誰かを抱えて、
浮き上がったり沈んだりしながら、日々を送っているのではないかと思います。


そんな自分を認識するのは、ちょっとしんどい時だってあるのだけれど。

それでもさ。

アマチュアだとか、プロだとか、上手いとか、下手とか、
価値があるとか無いとか、役に立つとか立たないとか、
経験年数とか、未経験とか、年齢とか、自己満足とか、
そういうことはとりあえず置いといてさ、

みんな心にもっと、
ダンサーとか、クリエイターとか、料理人とか、
歌手とか、演奏家とか、落語家とか、スナイパーとか、陰陽師とか、

好きなだけ自分なりの心のプレイヤーを持って、育てていければいいよね。


みんなの心には、どんな「プレイヤー」がいますか?


Posted by  tsgmi on 24.2018 ベリーダンス   2 comments

2018 Halloween Garden


この時期を心待ちにしてくださってるそこのアナタ、
(そんな奇特な人がいるのかわかりませんが)
大変お待たせしました。

はい。毎年恒例のアレです!

でも去年より3日も早いよ!どや(`・∀・´)エッヘン!!
なんも威張れることじゃありませんが、気にせず元気にれっつごー!



・・・・・・・・

当ブログ恒例コピペ企画、【妄想イベントHalloween Garden】の開催です。
ただいま突貫工事中です。

開催時刻は10日の昼12:00スタート!


チケットの発行はできますので、事前に押していただいてもOKですよ。

初めての方は、入園の手引きをご一読のうえ(※長い)、
どうぞめいっぱい妄想を楽しんでいってくださいね。

常連のみなさまも、年に一度のパーティ、
思わぬ再会や新しい発見を見つけてくださいませ。



それでは、今年もひとときの夢にいざ参らん!


1.gif


サーカス、パレード、大道芸、宝探し、出店、ミニゲーム、遊具!
イシスのお庭に併設したのは、小さい頃の夢がいっぱいつまったアミューズメントパーク。
アイスクリームやキャンディーバーを片手に、にぎやかなハロウィンのお祭りに参加してみませんか?
スタッフさん総出(増員中)で、たくさんのお店や出し物を用意してお待ちしております。
 

ハロウィンですから、時にいたずらや、びっくりする仕掛けがあるかもしれません。
ちょっと悪ノリしちゃったり、今回初参加の慣れないスタッフさんもいるかもしれませんがご愛敬!

もちろんイシスガーデンも24時間開園しております。
熱気と遊びにちょっと疲れたら、お隣のサロンやお庭でマッサージを受けながら、喧噪からはなれ、のんびりと過ごすのも良いですね。
宿泊施設もありますので、そのまま朝まで眠って、起きたらまたカーニバル!
そんな楽しみ方もできますので、どうぞ期間中、自由にお祭りを楽しんでください。

 

リピートさんも今年初参加さんも、みんなで一緒にお祭りを作り上げていただきたく。
今年も、ちょっとしたお願いがあります。


ハロウィンといえば、そう、お菓子!

去年いらしてくださった方はご存じの、アレです。


ご来園の際は、必ず”おやつ”をご持参ください。
 


サーカス広場の一角に、おみやげコーナーを設けてあります。
みなさんに持参いただいたお菓子は、入園と同時に、同じ物がお土産コーナーにも生成されるようになっています。

参加者全員が持ちよったたくさんのお菓子の中から、どうぞお好きな物をいくつでも選んでお持ち帰りください。
ちょっとしたプレゼント交換会ですね^^

自動生成ですから、減ることはありませんし、傷むこともありません。
 

手持ちの分は、道行く人にくばって交流にお使いいただいてもかまいませんし、自分で食べてもOK!
「トリック・オア・トリート!」と声をかけたスタッフさんに、チップとしてねぎらってあげると、きっと喜ぶと思います。

もちろんこちらからも、道行く人やスタッフなどに
「トリック・オア・トリート!(お菓子くれなきゃいたずらするぞ!)」と言っておねだりするのもOKです。

(そのための、全員参加の手持ちのお菓子なのです)


声をかけたのに、お菓子がもらえなかったら?

そんなときは、相手の頭に花を咲かせてみたり、くすぐってみたり。
あるいは1分間「ニャア」としかしゃべれなくしてみたり。
ケンカにならない範囲でいたずらしあってください!ヽ(゚∀゚)ノ


「イメージワークは苦手で、お菓子なんて持ち込めない」という方。
ご心配なく。
難しく考えることはありません。

あなたの好きなお菓子はなんですか? 今食べ物屋さんにいたとしたら、何が食べたいですか?
甘~いケーキ? おはぎや団子の和風な気分? さっぱりサラダ? パスタ? がっつり肉料理???
それとも、お茶やコーヒー、ジュースがのみたい気分???

ほら、今なにか、あたまに浮かんだでしょう?

それで大丈夫なんです。
何かが思い浮かんだら、あとは「これを持って行くよ」と心で宣言すればOK。
お菓子でなくたって、ちょっと変わったオモチャだって持ち込めちゃいます。


気負わず、気楽に。なんでもアリの妄想遊び。自分なりのお祭りを楽しんでください。



細かいことは、以下の「入園のてびき」と、Q&Aをよくお読みになって、期間内めいっっっぱいお楽しみくださいねー。

なにか不明な点がありましたら、いつでも遠慮無くコメントやメールで質問してください。
 


w01.gif

■入園の手引き■


イベント:Halloween Garden
開催期間:2018.10.10(pm0:00)ー2018.10.31(pm11:59)


 


●入場について●


この記事の一番下にある画像が入園チケットになっています。


初回、入場時には、必ず拍手ボタンを押してください。

自動的にチケットが発行され、みなさまの守護の方にお持ちいただく手はずになっております。
開催期間中、ずっと有効のチケットです。

2回目のご訪問以降は、画像のゲートから入場するイメージを思い浮かべるか、
「ハロウィンガーデンに遊びに行きます」と唱えていただけば、
拍手なしでもいつでも何度でも入園いただけます。
もちろんその都度、押していただいてもかまいません。ブログ主が個人的に喜びます(笑)


※ご使用のPC環境や端末などの種類によって、拍手ボタンが表示されない方。

コメント欄に「ハロウィンガーデンチケット1枚」と書き込みください。
お名前はHNでも匿名でも、管理人のみの表示でもOK.
書き込みのアクションで発行になります。


そのあとは、ゆったりしたイスにお座りになるか、ベッドに横になるなどして、自由に妄想を楽しんでクダサイ。


●おやつについて●


形状、種類は問いません。
入園の際に、自由に思い浮かべて「これを持って行こう」と考えるだけでOKです。
空間内では、食材がいたむことはありませんし、思い浮かべれば何度でも自動生成されます。
たくさん配っても無くなったりしませんのでご安心くださいね^^
 


●施設について●


◆「イシスガーデン」
ヒーリングサロン、ティーサロン、図書館、オープンガーデン、熱帯植物ドーム、プラネタリウム、アクアリウム、宿泊施設

◆「カーニバル会場」
出店、おみやげ(お菓子)置き場、サーカステント、占い館、遊具広場、ミニゲームコーナー、仮装貸衣装&更衣室などなど
※パレードや大道芸はランダムです。

様々な催しをご用意しています。
日替わりイベントなどもあるようですので、何があるかは行ってからのお楽しみ!

※前回同様、立ち入り禁止区域があります。
(開放区外は一目で見てわかるようになってますので、知らずにうっかり...ということはまずないです)

守り人さんに「そこは立ち入り禁止です」と言われましたら、そちらへの立ち入りはご遠慮ください。
無理に侵入されました場合、何かあってもわたしにも責任持てません。
 
そちらの空間は、原則としてブログ主もノータッチになっております。



●おみやげについて●

1.みなさまが持ち寄られたお菓子が、サーカス広場の一角に置かれています。
  お帰りの際は、自由に好きな物を持ち帰りください。(その場で食べてもOKです)

2.「今の自分に必要なアイテム」がどこかに隠されています。
  宝探しのつもりで、見つけてくださいね。
  もしどうしても分からなかったら、お近くのスタッフさんに聞いてみてください。
  (ヒントか、場所を教えてくれます)

★それでも分からなかったら、あるいは探すのがめんどうな方
入場時かスタッフに「帰るときに自動的に持ち帰らせて」と言っていただければ、終了時に自動的にお持ち帰りされるようになります。
 


●スタッフについて●


イベント空間内でなにかトラブルがありましたら、遠慮無くお近くのスタッフに声をかけてください。
カーニバル会場では、多くの方が仮装をしています。
スタッフは目印に、二の腕に、大きなカボチャモチーフをあしらった腕輪をしています。

スタッフの中には不慣れな者もおりますし、不手際があるかもしれません。どうぞ温かい心でご容赦ください。
 



●その他●


みなさんと一緒に、空間内の住人や精霊たち、時に神格も遊びに訪れています。
脳内妄想イベントではありますが、お互いを尊重しながら楽しんでください。
 

w01.gif 


●Q&A●


Q.「寝オチします!」

A.「何よりもまず、心身を休めることが必要なのかもしれません。もしかして、お疲れではないですか?
 
  もしそうでしたら、無理せずゆったりとお体を休めてくださいな。
  よかったら、スタート時に、サロンへ行ってどこを癒したいかを念じてみてください。
  眠っている間に、イシスガーデンのサロンでヒーリングを受けられると思います。
  疲れを癒したら、また挑戦してみてくださいね。
  完全に横になるより、いすなどに座って体を起こした状態で遊んでいただくと少しは寝落ち率も軽減されると思います。

  それとイベント空間内には、いろんな次元からたくさんの存在が訪れます。
  なじみのないエネルギーに触れて寝落ち、ということもあるかと思います。
  なるべく即オチしないで少しでも記憶をお持ち帰りいただけるよう、スタッフさんとその都度調整していきますので、
  どうぞめげずに挑戦してみてくださいませ」


Q.「お茶が不思議な味がする!」

A.「もしかして、サロンにお越しですか?
  でしたら、イシスガーデンのハーブ園で採れた特製のハーブティです。
  特に何も指定をしなければ、その方に合ったお茶が出てくるようになっています。
  もしお口に合わなかったり、ご希望の飲み物がある場合は、遠慮無くお伝えください」


Q.「お茶の指定ってどうするの?」

A.「希望の種類・銘柄を言っていただければ、とりあえず何でもご用意できます。
  わからない場合は”胃もたれに聞くお茶”、”のどが痛い”などと症状をおっしゃってください。
  その症状に合うハーブをスタッフさんが選んでくれます。
  また、お茶だけでなく、お菓子、お料理も同様です」


Q.「もらったお土産の意味が分かりません/使い方がわかりません」

A.「時間軸が一定ではないので、後に必要なアイテムとか、
  今はまだ明かせない物だったりするのかも。
  いずれわかる時がやってきますので、のんびり楽しみにお待ちください。
  近くにスタッフがいたら、聞いてみるのも良いかも知れませんね」


Q.「空間につながりません/行けません」

A.「もしかしたら、”何かが起きるはず。何か不思議なものが見えるはず”という
  
受動的な思い込みは、ございませんか??

  Halloween Gardenは脳内妄想イベントと銘打っております通り、全てが想像の世界です
  無意識下における共通認識でたまたま同じ物を見ることもありますけれど、
  「これ」という本物は一つとしてありません。

  画像から宣言していただければ、必ずつながる仕様になっておりますから、

  ”どういう空間に行きたいか”、”どんなお祭りだったら楽しいだろう?”、”どういう人と楽しみたいか”
  そんな感じで、リラックスして自由に思い浮かべてください。
  イメージイベントは、いってしまえば”慣れ”です。
  何度か試していくうちに、細かい部分が見えるようになって、だんだんと自分のカーニバル会場が広がってくると思いますので、
  あきらめずにトライしてみてくださいませ^^」

(Q&Aは、随時更新します)

 
3.gif
 


2018halloweengarden.jpg
【ハロウィンガーデン入園チケット】
※初回入場時ハ、拍手ボタンを押してクダサイ。チケットが発行サレマス。


ささやかに夜を彩るハロウィンフェスティバル、どうぞ楽しんでくださいね!!

Posted by  tsgmi on 09.2018 スピリチュアル   1 comments

シャボン玉とんだ、屋根まで飛んだ。


地震に台風に災害続きですが、みなさまはご無事でしたでしょうか。
被災された方がたに、心よりお見舞い申し上げます。


先日の台風、こちらはさほど雨はひどくなかったのですが、
風が…風がやばかったです。
家中の雨戸を閉め、万が一のためにパジャマではなく部屋着で
懐中電灯などもろもろ準備し過ごしておりました。
家がずっと揺れっぱなしで
時折雨戸のない窓に何かがゴッ!!とあたる不穏な音がしましたが、
心配だったベランダのトタン屋根が剥がれることもなく台風は通り過ぎていきました。

翌日、家の周りを見たところ。

木ぎれが。

IMG_y8wvgs.jpg

あらー。

どこかからポッキリ折れて落ちてきたのでしょうか。
うちの壁とも屋根の色とも違う見覚えのない板。
どこのお家の何が壊れたんだろう。
大丈夫かしら。今頃困ってないかしら。

どうしましょう。これ、うちで処分しちゃっていいものですかね。
それとも、飛んできた元のお家の方が回収にきたりするのかしら。
なんて思いながら、一日の仕事を終え帰宅して。



………なかった。

……じゃ、なかった。


…よそのお家じゃなかった!!!!!!



仕事から帰ってきたら、
親切なご近所さんがポストにメモを入れてくれてた!!!

DSC_2371.jpg


うちが、うちが、壊れてたうわあああああああああ(≧Д≦)

じゃあ庭に落ちてたこれ、屋根の貫板かあああああああああああああああ。



屋根が…屋根が飛んだ…。
屋根まで飛ぶのはシャボン玉で十分だよ!

今、ワタシ、あの歌涙無くして歌えないよ…!
せめて2番の、飛ばずに消えた。であって欲しかったよ。
いや、屋根消えられても困るんだけど!
…ああ、そういえば、バス停に行く途中の小さなお子さんがいるお家、
かわいいシャボン玉のカラ容器が柵に干してあったっけなぁ…。
きっとあれも飛んじゃったんだろうなぁ…。

シャボン玉とんだ、屋根も飛んだ。はは、ははは。


…よし、落ち着け。

翌日さっそく管理会社と外装工事の担当さんに連絡。

今回の台風は被害が多くて、屋根修理できる職人さんの予定がギュウギュウで
うちに回ってこられるのは来週か再来週と。
一部剥がれかけてる部分があるので、次の台風で大風が吹いて飛ばされたら、
周囲のお家にも危険が及ぶことをお伝えして、
なんとか近日中に応急処置だけでもしていただくことになりました。

うちより高いお宅が撮影した屋根の写真を見せてもらったのですが、
屋根に大穴が空き、剥がれた別の貫がテレビのアンテナに絡まってました。
危険窮まりない!

教えてくださったお宅と、飛んだ貫が落ちたお宅に菓子折りもって
貫の回収&ご挨拶に行ったのですが、すごく優しいご近所さんたちで
一人で持つのは難しかろうと一緒にうちまで運んでくれたのでした。

ご近所さんとの初対面がこんな形とか、申し訳ないし残念すぎる…(ノД`)


IMG_-38mhbo.jpg

↑3メートル前後あるはがれた貫。

こんなのが飛んで、よそのお宅を壊すような被害が出なかったの、
改めて考えると不幸中の幸いすぎる。
もしガラス戸なんかにぶつかってたらと思うと、ぞっとします。

また大きな台風が近づいているようです。
どなた様も安全に過ごせますように。もちろんうちも!!!!

ほんとに!まじで!!!!



Posted by  tsgmi on 03.2018 雑記   0 comments

れっすんルーム完備的な何か


ようやく涼しくなってきましたので、
ちょっとずつ荷物整理を再開しようかと思ったり思わなかったりの今日このごろ。

レッスンルームにしようと目論んでいたこちらの3畳のお部屋。


DSC_2269.jpg






こんな感じになりました。







DSC_2332.jpg   

とりあえず棚には、ベリーのDVDや雑誌、衣装に使う小物やアクセサリーなんかをしまおうかなと。







DSC_2329.jpg

スカーフや小物の配置なんかは、そのうちまた手を加えることでしょう。
今は、とりあえずあるものをそこにおいた状態。



DSC_2331.jpg

反対側は、練習用のヒップスカーフやベール置き場。
弟くんにもらったヨガマットも一緒に。

横にも鏡を置くことで、正面とサイドから姿勢のチェックができるようにしましたイエイ。
いえ、単に他に置き場が無かっただけです。理由はあとづけです。



DSC_2328.jpg

写真の反対側に廊下につながるドアがあるんですが、隣の部屋とも引き戸でつながっています。

今は荷物が積まれていて通り抜けできません。
そ、そのうちそのうち…。年内には…。


あと、あれね。
お気づきの方もおられるかと思いますが、
前の前のおうち、窓の位置が高かったから、カーテンの裾があまるんだ…。
でも買い換える予算はないので、しばらくこれでいきます。
日を遮り視界を遮るという目的はしっかり果たしているので、贅沢は言ってられません。



正直十分な広さとは言えないですけれど、一人で練習する分には申し分ありません。
以前は、4枚目の縦長の鏡でちまちま練習しておりましたので、
両手を広げて全身が入る鏡の前に立てるだけでも全然違います。

きちんとした床と一面全部が鏡張りのスタジオには比ぶべくもないですが、
レンタルスタジオはいつでも希望の時間に予約がとれるとは限りませんし、
土日はお値段も割高。
いつでも好きな時にお家で練習できるというのは、非常に便利だし贅沢だなと思います。


お教室の先生はとても丁寧で、
記憶力の悪いワタシにも、根気よく基礎を繰り返し教えてくれます。
ものすごく教え上手なんじゃないかと思います。
なにより、あれを言わない。
「前に教えたでしょ」「なんでできないの」
うわさの生徒のやる気を絞め殺し、自信喪失させるナンバーワン・ワード。

ダンスは筋肉や体感も鍛えていかなければテクニックも身にきません。
というのを踏まえてくださって、
前より出来るようになったことをその都度褒めちぎってくれるので、
こちらもガシガシ、モチベーションがあがります。

たまに基礎の中に、
「これは初心者には難易度が高いのでは…?」
みたいなテクニックをぶっこんできて、お、お、っと苦戦していると、
「tsgmiさんは進みが早いから、スパルタでいこうと思って。ちょっと難しいのいれちゃたー。えへへ」

と、しれっと添えてきます。

スパルタと言いながら、決してきつい物言いではなく、穏やかに難易度を上がてくるので気が抜けません。
自分の進み具合が実際どうなのかは、自分ではわかりません。
でもそう言われると、なんかすごく成長している気がしてきます。
やべー。ワタシ、もしかしてすごくダンスのセンスあるのでは???
みたいな気になってきます。なんてチョロい女だ。

ほんともう褒め上手・持ち上げ上手すぎて、
ダンスだけじゃなくて、そのコミュニケーションスキルも習いたい。
いやほんとマジで。


最近では教えてくれる教室が少なくなっているという
ジル(フィンガーシンバル)も最初からレッスンに組み込んでくださっているので、
大変に良いお教室とめぐりあえて幸運です。

ちなみにフィンガーシンバル使うダンスは、こういうやつね。
https://www.youtube.com/watch?v=IuJ2jXJ6qvY

ジルを叩きながらの踊りは、
いかにもオリエンタルダンス!という感じで非常にテンションあがります。

が!見ると聞くとは大違い。

慣れるまでは、シンバル叩きながら歩くだけだって難しいんですよ。激むずですよ。
別個には出来ているようでも、振り付けとリズムを一緒にすると、とたんにボロボロ。
どっちかがどっちかにつられてしまいます。
見ただけで真似して、本番で突然披露するマンガのキャラクターのようには、もちろんいきません。
ある日突然覚醒しないかな!するわけないね!



そんなある日のレッスンにて。

先生「ここの曲の終わり、本番では適度なとこでカットするから安心してね」
われ「あ、はい。わかりま…???本番????」
先生「本番」
われ「…本番?」
先生「本番」
われ「本番!!!??!?」
先生「本番!」

い、いつのまにか、
11月ごろにレストランデビューすることが決まっていた…。

しかも2曲とか。
うち1曲は、ジル叩きながら。

われ「え、え、3か月??間に合いますか!???」
先生「tsgmiさんなら余裕だよー」


そこはおだてないでいいので、現実のレベルの話を…!!!!!!!



11月のいつごろか、決行日は未定なんですが、
月頭だったら、あと2か月ないかもしんない。


やばい。超やばい。



Posted by  tsgmi on 13.2018 ベリーダンス   0 comments

プロフィール

 tsgmi

Author: tsgmi
はぐれ魔女。
あるいは、矛盾の錬金術師。
本業は編集デザイン。
たまに、ないると名乗ります。

ときにカード鑑定してみたり、天然石やハーブをつかって妖しげな術をしてみたり。
たいていワタシのほうが右往左往しています。何か手助けが必要な際は、遠慮無くお声がけを。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: